瓦礫再生プロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 瓦礫再生プロジェクト
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
瓦礫再生プロジェクトNPO法人 宮城芸術文化振興団体

震災が発生し、日々復興に追われながらも、この災害をどうやって後世に伝えていくか。
そして忘れない為にはどうするべきかアーティストの方々と色々話をさせていただきました。

アーティストは表現するときに声や楽器を使う。
楽器は自分の気持ちを表現する自分自身のようなものであるから、そこに震災を刻み込める事ができれば。
そんな思いから楽器に瓦礫を使う事となりました。
瓦礫の中には、家族の団欒でこの先何十年も使うはずだったテーブルもあれば、
これから歴史を刻んでいく自宅の一部でもありました。
それが自然災害で瓦礫として処分されてしまう。
思いのこもった資材。
それを私達は思いのこもった材として「思材」と呼びます。

この趣旨を理解して頂き、日本財団様から助成をいただきました。
瓦礫を使用して作った楽器がいいものでなければアーティストには使われない。
アーティストに使われない楽器はたんなる置物でしかない。
妥協できないクオリティを求めて各メーカー様にお願いしました。

やはり水を吸った木材はなかなか難しい、妥協した楽器は出せないとの事で
やはり多くのメーカー様からお断りも受けました。
正しい選択の一つです。

それでも
「なんとかやってみる。出来上がるまでわからないけどチャレンジしてみたい」
と言ってくれたメーカー様がいらっしゃいました。
実現したい楽器と実現できる楽器は違います。

楽器のクオリティが素晴らしい!と言われるクラスの楽器を5社から作っていただきました。

            • T’s ukulele 様 3種のウクレレ
            • CombatGuitar様 2種のGuitarと1つのBass
            • アルコ工房様 1種のCajon
            • 宮本卯之助 1つの大太鼓
            • 三味線かとう 4つの三味線
            • サカエドラム スネアドラム

私達がお願いして作って頂いた楽器は100年たっても現役で素晴らしい音を奏でるでしょう。
そしてアーティストはその思いを胸に残し表現していって頂けるでしょう。

このプロジェクトでできた楽器の代金の一部は「わおんぷろじぇくと」と共同して震災復興の為の基金へ募金されます。